SMB バージョン

SMBのプロトコルですが、バージョンがありまして新しいバージョンの方が効率が良いです。

世代は、以下のような感じになってます。

Windows XP(Server 2003)=SMB1.0

Windows 7 (Server 2008)= SMB2.0

Windows8 (Server 2012)= SMB2.5

Windows 10 (Server 2016)= SMB3.0

SMB(CIFS)の基本的な特徴は、接続の際にお互い(サーバとクライアント)でバージョンの確認をします。Ethernet のネゴシエーションと同じ仕組みでして、お互いのセッションで、一番上位で通信できる組み合わせになります。

サーバ SMB3.0 クライアント SMB2.5

の場合は、SMB2.5で通信します。

Windows 10やPowerShellを搭載したクライアント(サーバ)では、SMBの接続が今どのバージョンで接続しているかの確認ができます。

[管理者として実行]→[PowerShell]

Get-SmbConnection

で、バージョンを確認できます。

表題のWindows10の件です。(忘れては、いけません。)

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4034314/smbv1-is-not-installed-windows-10-and-windows-server-version-1709

Windows Updateしていると、突然SMB1.0が使えなくなります。

使用することもできます。その場合は、[コントロールパネル]→[Windowsの機能]で有効にすることができます。

NAS側で、SMBの調整をして、解決することも出来ます。

たとえば、NASで、SMB1.0、2.0しか利用できないような場合は、設定変更でSMB3.0にあげてWindows10に対応するように変更することが出来ます。