SDN市場はCiscoを抑えてVMwareが首位 市場規模は70億ドル規模に

急成長中のSDN(ソフトウェア定義ネットワーク)市場で、VMwareがCisco Systemsを抑えて、売上高ベースで首位に立った。両社は、年間数十億ドル規模に上るこの市場で首位争いを繰り広げている。

 調査会社IHS Markitによると、2018年下半期に企業のSDN製品分野への投資額は同年上半期比で約34%増加した。2018年全体では、データセンター向けを含む企業向けのSDN市場は70億ドル規模に達した。IHS Markitの調査レポートによれば、企業向けSDN市場は2023年末までに、その3倍近くの200億ドル規模に拡大する見通しだ。

 2018年下半期の企業向けSDN市場では、VMwareが売上高ベースで約22%の市場シェアを獲得してトップとなり、Cisco Systemsが約19%のシェアでこれに続いた。VMwareは、特定のハードウェアに依存しないネットワーク仮想化ソフトウェアに注力したことが功を奏した。これに対してCisco Systemsは、データセンター向けのスイッチ「Cisco Nexus 9000」の訴求を強化した。Cisco Nexus 9000は、アプリケーションの要件に基づいてネットワークを定義するアーキテクチャ「Cisco Application Centric Infrastructure」(Cisco ACI)のモードで動作する機能を備えている。だが「Cisco Nexus 9000をCisco ACIモードで利用する企業は依然として多くない」と、IHS Markitのアナリスト、ジョシュ・バンクロフト氏は指摘する。とはいえ導入した企業が将来的にCisco ACIモードを利用する可能性はある。「Cisco Systemsが、同社製スイッチへのACI導入を拡大させることができれば、SDN市場の首位争いが激化するのは必至だ」(バンクロフト氏)

 VMwareもCisco SystemsによるSDNビジネスの拡大をやすやすとは許さないだろう。2018年末時点で、VMwareのネットワーク仮想化製品「VMware NSX」のユーザー企業数は約1万社に達する。

VMwareの勝因は

 IHS Markitが発表した調査レポートは、SDNに関するさまざまなハードウェアとソフトウェアの領域をカバーしている。イーサネットスイッチ、SDNコントローラー、SD-WAN(ソフトウェア定義型WAN)アプライアンス、SD-WANコントローラーなどが含まれる。

 VMwareは、SDNコントローラーの売上高シェアで首位を獲得し、同社がSDN市場全体で首位になることに大きく貢献した。これに対してCisco Systemsは、イーサネットスイッチの売上高でシェアがトップになった。

 この調査レポートが言及しているSDNベンダーは、Cisco SystemsとVMwareだけではない。2018年下半期のSDN市場ではArista Networksが約15%のシェアで3位に入り、ホワイトボックススイッチ(OSを独自にインストールする必要のあるスイッチ)のベンダーが約10%、Huawei Technologiesが約8%と続いている。

 HuaweiのSDN市場における売上高は、4位のホワイトボックスベンダーの成長を上回るペースで伸びている。このため、Huaweiの市場シェアは近いうちに4位に上昇しそうだと、バンクロフト氏は語る。SDN向けの汎用(はんよう)スイッチのベンダーが顧客企業を増やすには、販売パートナーやシステムインテグレーターのネットワークを大幅に拡大する必要があるとも同氏は指摘する。

インテントベースネットワークとSDN

 ホワイトボックススイッチのソフトウェアについても改良する必要があるとIHS Markitのレポートは指摘している。ホワイトボックススイッチ向けのネットワークOS(NOS)のベンダーは、管理者の意図に基づいて自律的にネットワークを構成、運用する「インテントベースネットワーク」の推進を念頭に置いて、ソフトウェアの改良を進めている。

 インテントベースネットワークは、機械学習などの人工知能(AI)やオーケストレーションなどの技術を利用して、ネットワーク全体にわたって運用管理を自動化するネットワーク管理の在り方を指す。インテントベースネットワークの普及をけん引しているベンダーはCisco Systemsだ。ホワイトボックススイッチ向けのNOSを提供しているベンダーには、Arrcus、SnapRoute、Cumulus Networks、Pluribus Networksなどがある。

 IHS Markitが実施した今回のレポートでは、回答企業の約46%が、インテントベースネットワークの実現をSDN導入の重要な目的と位置付けている。