Red Hat OpenStack Platform 最近の動向

RHOSP 15まではコミュニティ版OpenStackに対応するように半年ごとにリリースされておりましたが、RHOSP 16からは、すべてのコミュニティリリースに対応するのではなく特定のリリースをベースに選択し、長期間のサポートを提供するロングライフリリースとする方針になっています。コミュニティ版のリリースに追従しなくなったことで、RHOSPの次のバージョンのベースが何で、いつ頃リリースされるのか?という点が見えづらいとも言われますので、公開可能な情報はなるべく発信したいと思ってはおります。


  • コミュニティリリースの状況
  • RHOSPのライフサイクル
  • RHOSPアップグレードパス

コミュニティリリースの状況

コミュニティのOpenStackの現在のリリース状況と今後のリリースを見てみると、Yリリースまでが予定されております。 参照元:OpenStack Releases

  • Train 2019年10月
  • Ussuri 2020年5月
  • Victoria 2020年10月
  • Wallaby 2021年9月→現在の最新
  • Xena 2021年10月予定
  • Yoga 2022年3月予定

RHOSP 16はTリリースであるTrainがベースであり、UリリースのUssuriの新機能の一部がバックポートされています。「RHOSP 17は、いつ頃リリースで、何がベースですか?」という質問もいただくのですが、長期間サポートのロングライフリリースですという事以外は、現時点では情報公開されておりません。

RHOSPのライフサイクル

ライフサイクルに関するドキュメントには英語版日本語版があるのですが、英語版が最新情報です。RHOSP 16以降は、16.0、16.1のようなマイナーバージョンが存在します。それぞれでサポート期間が異なりますが、RHOSP 16という括りでは16.0の一般提供開始日である2020年2月20日から16.2のELS終了日である2025年4月30日までの5年の長期サポートを提供します。16をご利用で2024年以降もサポートが必要な場合は、16.2を利用していただく必要があります。

f:id:mkoshimizu:20210926160056p:plain
バージョン一般提供開始日フルサポート終了日サードパーティ認定期間終了日メンテナンスサポート終了日ライフサイクル終了日延長ライフサイクルサポート(ELS)アドオン終了日
フルサポート
16.22021年9月15日2023年4月30日2022年5月31日2024年4月30日2024年4月30日2025年4月30日
16.12020年7月29日2022年4月30日2021年5月31日2024年4月30日2024年4月30日
16.02020年2月20日2020年10月27日
延長サポート
132018年6月27日2019年12月27日2019年12月27日2021年6月27日2021年6月27日2023年6月27日
102016年12月15日2018年6月16日2018年12月31日2019年12月16日2019年12月16日2021年12月15日

RHOSPアップグレードパス

現在13をご利用中で延長ライフサイクルアドオンを追加していただいている場合は、2023年6月27日まではサポートされますので、その間に16.1以降への移行をご検討ください(タイミングによっては17がリリースされて13→17かもしれません)。13から16.1へのインプレースアップグレードのフレームワークは提供されています。

アップグレードに際しては以下の内容はあらかじめご確認ください

  • 現在使用しているOSPのコンポーネントが16でもサポート対象である
  • ワークロードが16に対応しているか
    • 特にVNF(Virtual Network Function )はベンダーによって対応状況が異なるので要注意
  • Ceph以外の3rdPartyのストレージを使用している場合は、プラグインが16に対応して認定されているか
  • 16ではネットワークはOpen Virtual Networking (OVN)がデフォルトのメカニズムドライバーになってる
  • ML2/OVS からML2/OVNへの移行については弊社TAMまたはGPSとの連携が必要(「Open Virtual Network を使用したネットワーク(第3章)」に「ML2/OVS から ML2/OVN への移行を試みる前に、事前サポートケースを作成する必要があります。事前サポートケースを作成しない場合、Red Hat では移行をサポートしません」という記載あり)
  • 3rdPartyのSDNを利用している場合は、16に対応して認定されているか

10をご利用の場合は、今年の年末には延長ライフサイクルも終了となります。10→13のインプレースアップグレード方法(Fast Forward Upgrade)も提供されております。