ETLとは?3つの機能・必要性を知ってデータを有効活用!

ETLとは?3つの機能・必要性を知ってデータを有効活用!

社内システムに点在する膨大なデータをどのようにすれば、経営に活かせるかご存知でしょうか? データを有効活用をしたいなら、まずはETL処理について理解を深めるべきです。

この記事ではETL処理の概要や機能、さらにツール導入の必要性もあわせて解説します。データを有効活用する参考にしてください。

ETL処理とは

ETLは、「Extract ・抽出」「Transform ・変換、加工」「Load ・書き出し」の略語です。

基幹システムや販売管理システムなどの業務系システムには膨大なデータが蓄積されており、そのデータはBIなどの分析に活かすことができます。

しかし、これらのデータは所在もフォーマットもバラバラなままです。この状態では分析に利用できません。ETL処理を行ってから、データウェアハウス(DWH)にデータを統合する必要があります。

ETL処理とは、さまざまデータベースやシステムからデータを抽出し、扱いやすいフォーマットに変換して、DWHに書き出す一連のプロセスのことです。DWHに書き出されたデータは整った状態であるため、BIなどの分析に活用しやすくなります。

ETLの機能

さまざまなデータを活用しやすくするためにETLは欠かせないですが、各処理でどんなことが行われるのか詳しく見ていきましょう。

抽出(Extract)

基幹システムやデータベースからデータの抽出を行います。どのような利用目的でデータを抽出するのかを明確にして作業に臨みます。利用目的の明確化により、不要な情報は抽出されず、その後の作業を効率よく進めることが可能です。

なお、自社にデータを保管し、ETL処理を業者に委託する場合は、データの抽出作業を自社で行います。セキュリティ面を考慮し、委託先がデータ抽出することはありません。

変換・加工(Transform)

DWHに書き出しやすいよう、一定の規則に従いデータの変換・加工を行います。「抽出」のプロセスでDWHに書き出しやすいデータ形式になっている場合は、このプロセスを省くことが可能です。

しかし、DWHに適したデータ形式を把握しておらず、別の形式で抽出してしまうと変換・加工に大幅な時間がかかります。そのため、各プロセスで担当者が異なる場合や抽出・変換を委託する場合、情報の共有が大切です。

最終的なデータ形式は何か、情報共有を図ることで処理を効率化できるでしょう。

書き出し(Load )

変換・加工のプロセスで作成したデータファイルをDWHへ書き出します。このプロセスは、DWHが有する「インポート命令」を利用すると効率的です。SQLの持つ「行追加命令」よりも、一度に大量のデータを高速で取り込めます。

なお、DWHのインポート機能ではなく、ETLツールのLoad機能を利用して、データの取り込みを行うこともできます。

ETLツールの必要性

ツールがなくてもETL処理を行えますが、なぜ、データ統合でETLツールが注目されるのでしょうか。必要とされる2つの理由を解説します。

開発工数を削減するため

基幹システムなどに点在したデータをDWHへ統合させるには、それを実行するシステムが必要です。そのようなシステムを構築するには、高度なプログラミング知識が必要です。さらに、統合するデータベースの種類が多くなればなるほど、開発工数がかかります。

ETLツールはデータ統合に必要な部品を提供しており、その部品を組み合わせることでデータを統合するシステムを構築します。直感的な操作でシステムを開発できるため、1からプログラミングをする必要はありません。

これにより、データをDWHへ統合させるシステムの開発工数を削減できます。

データ品質を向上させるため

ETLツールはデータ抽出や変換・加工、書き出しに必要な機能が搭載されおり、DWHへのデータ統合が容易になります。

たとえば基幹システムなどのデータフォーマットがバラバラでも、適宜、所定のデータ形式に変換できます。また、「データクレンジング」により、データの重複や誤り、表記の揺れなどを自動で修正します。

これにより、初心者であっても質の高いデータ統合ができるでしょう。

ETL処理について理解し、データを有効活用しよう!

ETL処理とは、さまざまなデータベースからデータを抽出し、DWHに取り込みやすいフォーマットに変換・加工し、DWHに書き出す処理です。

ETLツールには、データの抽出・変換・加工・書き出し機能を搭載しています。データをDWHへ統合させるシステムを構築するための開発工数を削減でき、質の高いデータ統合が可能です。

コメントする