Kubernetes上にサーバレス基盤を構築できる「Knative」リリース1.0に到達

Kubernetes上にサーバレスコンピューティングの基盤を構築するためのオープンソースソフトウェア「Knative」(ケイネイティブ)の開発チームは、Knativeがバージョン1.0に到達したことを発表しました。

Knativeは2018年にGoogleが発表したオープンソースソフトウェアです。Kubernetesの上に、いわゆるサーバレスコンピューティングの基盤を構築することができ、イベントをトリガーにしてコンテナを実行し、負荷に応じてコンテナの実行数をゼロから任意の数にまで自由に増減させるスケーラビリティを備えています。

今回バージョン1.0に到達したことで、KnativeのAPI仕様変更は基本的には行われなくなり、安定したアプリケーションの開発が可能になります。

Knativeは業界標準になれるのか?

KnativeはGoogleが主導しつつもIBM/Red Hat、SAP、VMwareなどをはじめとする企業が参加するオープンソースプロジェクトとして開発が進められてきました。

Googleが主導するだけあって、KnativeはGoogle Cloud上のサーバレスコンピューティング基盤である「Cloud Run」を構成する主要なソフトウェアとなっています。

KnativeはKubenretesと同様にGoogleが開発を主導してきましたが、Kubernetesは途中からCloud Native Computing Foundation(CNCF)という独立した業界団体に寄贈され、事実上の業界標準になったのに対して、KnativeはCNCFに寄贈されることなく、Googleが現在も主導して開発を進めています。

一方、Cloud Native Computing FoundationではKnativeと同様にKubernetesの上でサーバコンピューティング基盤を実現するソフトウェアの「KEDA」の開発が進められています。

KEDAはマイクロソフトが積極的に開発に関わっており、先週にはKEDAベースのサービス「Azure Container Apps」を発表したばかりです。

このようにKubernetes上でサーバレスコンピューティング基盤を実現するソフトウェアはKnativeとKEDAの2つがGoogleとAzureをそれぞれの本拠地として競っている状態として言っていいでしょう。この状況がこの先数年ほど続くことは間違いなさそうです。