クラウドネイティブの注目動向、eBPFとWebAssemblyの利用が広がる

Kubernetesの開発をホストするなどクラウドネイティブ関連のテクノロジーやソフトウェアを主導するCloud Native Computing Foundation(以下CNCF)は、2021年を総括するレポート「CNCF 2021 ANNUAL REPORT」を公開しました。

CNCFは2021年末現在でKubernetes、Prometheus、Envoy、ContainerDなどを始めとする120以上の開発プロジェクトをホスト。エンドユーザー数も順調に伸びています。

fig

それぞれのプロジェクトもGraduateあるいはIncubation Levelへと、成熟や拡充されているとのこと。

fig

内容の詳細はぜひレポートをご参照ください。

この1年のCNCFやクラウドネイティブの動向について、CNCFアンバサダーの@_inductor_氏の見解。

eBPFやWebAssemblyの利用、Appleによる人材獲得の積極化など、興味深い見解。

eBPFの多様な利用化

CNCFやクラウドネイティブについて注目されている点について。

「CNI」(Container Network Interface)であるCiliumProject CalicoがeBPFを用いたkube-proxyの代替実装をサポートし、GKEやEKSでも利用可能になったり、Cilium Service MeshによるEnvoyなしでのサービスメッシュ実現(現在Beta testフェーズ)だったり、他にもNew RelicがPixie Labsを買収した後にeBPFを用いた追加デーモンなしでのObservabilityを提供するなど、業界としてもさまざまなeBPFの利用が広がってきています(参考:スライド「Kubernetesネットワーキング初級者脱出ガイド / Kubernetes networking beginner’s guide – Speaker Deck」)。

KubeConのコロケイベントでも独立した「Cloud Native eBPF Day North America」が開催されるなど、コミュニティとしても力が入ってきていると思います。

WebAssemblyの利用がより現実的に

WebAssembly(以下Wasm)のクラウドネイティブ利用も広がってきています(参考:スライド「Containers at Edge and the future」、ブログ「ちょっとした疑問: Krustlet(Kubernetes)で動くWASMアプリケーションはコンテナか?」)。

このスライドではDockerランタイムを置き換える役割としてWasm VMがインスタンスとして動作し、Kubernetes上でワークロードの実行環境を提供するポイントに絞って紹介していますが、他にもIstio/Envoyの中で使われるProxy-WasmにてOCI Imageの可搬性や再現性をサービスプロキシでも利用するための取り組みが活発で、国内においてもマスタケさんが活躍されています。Wasm Dayもコロケイベントとしては何度か行われていますね。