AWS LambdaがES Modulesをサポート開始

Amazon Web Services(AWS)は、サーバレスコンピューティング基盤として提供しているAWS Lambdaで、Node.js 14のランタイムにおいてJavaScriptのモジュール機能であるES Modulesのサポートを開始したことを発表しました

ES Modulesは、JavaScriptファイルから別のJavaScriptファイルをモジュールとして読み込む仕組みです。

Node.js/JavaScriptのモジュール機能としては、以前からCommonJSと呼ばれる機能があり、AWS LambdaもCommonJSを利用することができました。

今回サポートが開始されるES Modulesは、ECMAScript 2015(ES6)において標準仕様として策定されたものです。

これによりAWS Lambdaで以前より比較的容易かつ柔軟にさまざまなJavaScriptのパッケージを利用できるようになることが期待されます。