マネージドなNFSサーバのAmazon EFSが大幅性能向上、読み取りのレイテンシがミリ秒単位からマイクロ秒単位へ

Amazon Web Services(AWS)は、マネージドなNFSサーバを提供するAmazon Elastic File System(Amazon EFS)でレイテンシ性能が大幅に向上したことを発表しました。

Amazon EFSは従来、メタデータおよびデータ本体の読み取りにおけるレイテンシは数ミリ秒(1ミリは1000分の1秒)でした。

今回発表されたAmazon EFSの性能向上により、大半の読み取り操作における平均のレイテンシが600マイクロ秒(1マイクロ秒は1ミリ秒の1000分の1)となりました。

これによりデータアクセス時のレイテンシに影響を受けやすいWordPressやDrupalといったCMS、GitやJenkinsなどのDevOps関連アプリケーション、大規模なビルド処理、機械学習の推論処理などの処理速度の向上が期待できます。

この性能向上はAmazon EFSのOne ZoneストレージでGeneral Purpose、もしくはStandard StorageでGeneral Purposeを選択したときに、既存のユーザーを含むすべてのユーザーで実現されます。