クラウドを脅威から守る「Microsoft Defender for Cloud」、AWSに続いてGoogle Cloudもサポート。マルチクラウド対応を強化

マイクロソフトは、ユーザーが利用しているクラウドのリソースを脅威から保護し、セキュリティの状況などを把握する「Microsoft Defender for Cloud」がGoogle Cloudのサポートを開始したことを発表しました

すでにMicrosoft AzureとAWSはサポートされているため、3つの主要なクラウドをカバーしたことになります。

Microsoft Defender for Cloudは、セキュリティの状況を統合的に把握する「Cloud Security Posture Management 」(CSPM)と、ワークロードを脅威から保護する「Cloud Workload Protection」(CWP)の2つの機能から構成されるサービスです。

CSPMでは、設定されたポリシーと業界や規制などに沿って優先度付けされた推奨設定を基にクラウドのコンフィグレーションを参照し、より適切な設定を確認することができます。

fig

CWPでは、仮想マシン、コンテナ、データベース、ストレージ、アプリケーションサービスなど、ワークロードを構成するさまざまなリソースを自動化された手法で統合的に保護することが可能です。

これらのいずれの機能もMicrosoft Azure、AWSでサポートされ、今回これにGoogle Cloudが加わることになります。