AWS、Java 18対応の独自Javaディストリビューション「Amazon Corretto 18」正式リリース

昨日のオラクルによるJava 18正式リリースに合わせて、AWS(Amazon Web Services)も独自のJavaディストリビューション「Amazon Corretto 18」の正式リリースを発表しました。

fig

Amazon Corretto 18も、デフォルトのCharsetがUTF-8となり、シンプルWebサーバを搭載し、JavaDocにコードスニペットを組み込めるようになるなど、Java 18の新機能や修正点などをすべて含んでいます。

Amazon Corretto 18はWindows、Linux(Intel、Arm)、macOS(Intel、Apple Silicon)対応版、Dockerイメージ版がそれぞれダウンロード可能です