「.NET MAUI」がリリース候補版に到達。単一コードでWin/Mac/Android/iOSのUIを記述可能に

マイクロソフトは、デスクトップアプリからモバイルアプリまで単一のソースコードでクロスプラットフォーム対応を可能にするUIフレームワーク「.NET Multi-platform App UI」(以下、.NET MAUI)がリリース候補版に到達したことを発表しました

現時点でSDKのAPIは完成し、ライブラリも正式版と互換性があるものになったとのことです。

fig

.NET MAUIには、デスクトップとモバイルの両方のプラットフォームに適用可能なUIを構築するために最適化された40以上のレイアウトやコントロールなどが同梱。

単一のソースコードでWindows、macOS、iOS、Androidそれぞれのネイティブユーザーインターフェイスを備えたアプリケーションが開発可能になります。

マイクロソフトはオープンソースとして開発している.NETフレームワークを、Windows、macOS、Linux、iOS、Android、Web、クラウドなど、あらゆるプラットフォームに対応するものとして開発しています。

.NET MAUIは、その.NETフレームワークにおいてUIのクロスプラットフォームを実現する重要な要素です。

もともと.NET MAUIは昨年、2021年11月に正式リリースされた「.NET 6」に組み込まれ、同時に正式リリースされる予定でした。しかし十分な品質で正式版をリリースするために正式版のリリーススケジュールを先送りしていました。

今回リリース候補版が登場したことで、おそらく1~2カ月程度で.NET MAUI正式版が登場するのではないかと予想されます。

.NET MAUIリリース候補版は、Visual Studio 2022 17.2 (プレビュー3) をインストールするか既存のVisual Studioをアップデートすることで利用可能になります。