コンテナをサーバレスで実行する「Azure Container Apps」が正式サービスとして提供開始

マイクロソフトはコンテナをサーバレスで実行する新サービス「Azure Container Apps」の正式サービスとしての提供開始を発表しました。

Azure Container Appsは昨年11月のイベント「Microsoft Ignite 2021」で発表されたサービスで、コンテナとしてパッケージングされたアプリケーションを、HTTPリクエストやストレージキューのメッセージなどさまざまなイベントをトリガーにして実行します。アプリケーションは負荷に応じてスケールし、イベントがなくなればインスタンス数はゼロになる、いわゆるサーバレスな実行環境を実現するサービスです。

他社のクラウドでは、Google CloudのCloud Runや、AWSのApp Runnerなどに相当すると考えられます。

Azure Container Appsの特徴は、Kubernetesのマネージドサービス環境であるAzure Kubernetes ServiceとプロキシのEnvoyの上に、Kubernetes上でサーバレス基盤を構築するフレームワークであるKEDA(Kubernetes Event Driven Autoscaling)と分散アプリケーションのためのフレームワークであるDapr(Distributed Application Runtime)などのオープンソースを用いて構築されているところです。

他社のクラウドサービスと比較して後発のコンテナ向けサーバレス基盤としては、こうしたオープンさを差別化要因としてアピールする狙いがあると見られます。