Angular 14正式リリース。Typed Angular FormsやStandalone Componentsなど新機能

Webアプリケーションフレームワーク「Angular」の最新版となる「Angular 14」が正式にリリースされました。

Angular 14ではReactive Formsのフォームコントロールに型を設定できる「Typed Angular Forms」が利用可能となり、よりシンプルなコードでコンポーネントを記述できる「Standalone Components」がデベロッパープレビューとして導入されました。

Typed Angular Formsでは、フォーム上で入力された値のチェックなどを実現する「Reactive Forms」のフォームコントロールで受け取る値に型を設定できるようになりました。

従来はフォームコントロールで受け取る値はany型となっていたため、nullを受け取る可能性も含めて実行時に対応するよう慎重にコーディングする必要がありました。

Angular 14からはフォームコントロールやグループに型を設定することで、初期値がnullだとしても入力値としてnullを許容しない設定や型の設定ができるようになるため、コーディング時のエディタによるサポートやビルド時のチェックなども含めて、より安全なコーディングが可能になります。

Standalone Componentsでは、従来のコンポーネントの記述では必要とされた「@NgModule」の記述が不要になるなど、よりシンプルなコーディングでコンポーネントの記述ができるようになる予定です。

また、Angular Routerの新しいRoute.titleプロパティによって、ページの内容を一意に伝えるページタイトルの設定が容易になることで、Angularアプリケーションのアクセシビリティ改善に役立つとされています。

その他詳細な新機能については「Angular v14 is now available!」をご覧ください。