Electron代替を目指すRust製フレームワーク「Tauri」がバージョン1.0に到達、Windows/Mac/Linuxに対応

JavaScriptとHTML/CSSを用いてアプリケーションを構築できるElectronの代替を目指し、より軽量なフレームワークとして開発されている「Tauri」がバージョン1.0に到達し、正式リリースとなりました。

Tauriの大きな特徴は2つあります。1つはRust言語で開発されていること、そしてもう1つはUI基盤としてOSが備えているWebViewの機能を用いるため、Electron製のアプリケーションで組み込まれるChromiumのようなレンダラの組み込みを不要にしていることです。いずれもElectronよりも軽量なフレームワークを実現するためとされています。

OSが備えるWebView機能としては、WindowsではWebView2、macOSではWebKit、Linuxではgtk-rsがそれに該当します。これらを抽象化レイヤのwry経由で呼び出すことで、クロスプラットフォームを実現しつつChromiumを不要にしています。

OSのWebView機能を用いることでアプリケーションのサイズが小さくなるだけでなく、アプリケーションのバージョンアップに依存しなくともつねに新しいWebViewが利用できるため、セキュリティの確保にもつながるとしています。

今回のバージョン1.0ではWindows、Linux、macOSのデスクトップアプリケーション開発に対応します。今後iOSとAndroidのモバイルアプリケーション開発にも対応する予定とされています。

ヒアデス星団の二重星が由来

ちなみにTauriという名称は、ヒアデス星団にある二重星のシータタウリを由来とするそうで、ロゴもこの二重星を模しているそうです。