国内クラウド市場規模、2021年の4兆2000億円から5年後の2026年には11兆円へ急成長。IDC Japan

調査会社のIDC Japanは国内クラウド市場予測を発表しました。発表によると、2021年の国内クラウド市場規模は4兆2018億円で、その5年後の2026年には約2.6倍の10兆9381億円になるとのことです。

fig国内クラウド市場 用途別 売上額予測、2021年~2026年

同社によると、国内クラウド市場は新型コロナウイルス感染症感染拡大の影響によって成長がやや鈍化した2020年から大きく回復。2021年にはクラウドを優先的に検討するクラウドファースト戦略が企業に浸透するとともに、従来型ITからクラウドへの移行に関わるプロジェクト期間の短縮と、サービスベンダーの要員数の増加や提案の拡充などを要因にパブリッククラウドが成長を牽引したとしています。

国内市場ではデジタルトランスフォーメーション(DX)/データ駆動型ビジネスに対する関心が非常に高く、企業の投資意欲は高まっているため、DX/データ駆動型ビジネスが今後の成長を牽引するとしています。