CircleCIがGitLabに対応。GitLabのコード変更をトリガーにCircleCI でビルド、テスト、デプロイを実行可能に

CI/CD機能をクラウドサービスとして提供するCircleCIが、クラウド版のGitLabに対応したことを発表しました(日本語での発表)。

CircleCIは、クラウド上でビルド、テスト、デプロイのパイプラインを自動実行するサービスです。これまでソースコード管理ツールとしてはGitHubと統合する機能を備えていましたが、新たにクラウドサービスとして提供されているGitLabとの統合にも対応しました。

これによりGitLab上のソースコードリポジトリでコードが変更されたことをトリガにして、自動的にコードのビルド、テスト、デプロイのパイプラインを走らせることができるようになります。

また、GitLabとの統合でユーザーごとに高度なアクセス権とロールを設定可能。近日中にはチームレベルおよびプロジェクトレベルの管理機能を公開予定としており、今後も機能強化をしていくとのことです。