AWS、Amazon S3やEFSを爆速にする「Amazon File Cache」発表。複数のストレージを単一のビューでアクセス可能に

Amazon Web Services(AWS)は、8月10日に開催したオンラインイベント「AWS Storage Day 2022」で、新サービス「Amazon File Cache」を発表しました

fig

Amazon File Cacheはその名の通りAWSで利用できる高速なファイルベースのキャッシュです。特徴は2つあります。

1つ目は、ミリ秒以下のレイテンシと数百ギガバイト/秒のスループットという高い性能です。Amazon S3やAmazon EBSといったストレージのキャッシュとして利用することで、これらのストレージに対するアクセスを高速化できます。

2つ目は複数のストレージに対する単一のファイルビューを提供できることです。AWSの説明によると、Amazon File CacheはAmazon S3やAmazon EFSなどAWS上のストレージだけでなく、AWSからオンプレミス上のファイルサーバや他のクラウドのストレージなどを含むハイブリッドな環境に対するキャッシュとしても働き、それらをまとめて単一のファイルビューを提供するとのことです。これにより、ファイルアクセスのコードがシンプルに記述できるようになることが期待されます。

下記はAWSのブログに投稿された記事「Welcome to AWS Storage Day 2022」からの引用です。

This new service enables you to make dispersed data sets available to file-based applications on AWS with a unified view and at high speeds with sub-millisecond latencies and up to hundreds of GB/s of throughput. Amazon File Cache is designed to enable a wide variety of cloud bursting workloads and hybrid workflows, ranging from media rendering and transcoding, to electronic design automation (EDA), to big data analytics.

この新サービスにより、分散したデータセットをAWS上のファイルベースのアプリケーションとして統一されたビューを用いて、ミリ秒以下のレイテンシと最大数百ギガバイト/秒のスループットで高速に利用できます。Amazon File Cacheは、メディアのレンダリングやトランスコーディング、電子設計自動化(EDA)、ビッグデータ分析まで、さまざまなクラウドバーストなワークロードやハイブリッドワークフローを可能にするよう設計されています。

Amazon File Chacheは今年後半に提供予定とのことで、希望者には登録フォームが公開されています