オンプレミスでAmazon EKS環境を実現する「Amazon EKS Anywhere」がRed Hat Enterprise Linuxに対応

Amazon Web Services(AWS)は、オンプレミスなどAWS以外の環境でもAmazon EKS(Amazon Elastic Kubernetes Service)と同等のKubernetes環境を構築できるソフトウェア「Amazon EKS Anywhere」が、Red Hat Enterprise Linuxに対応したことを発表しました

fig

Amazon EKSは、AWSのクラウド上でKubernetesによるコンテナオーケストレーション、ノードプロビジョニング、Kubernetes自身のパッチ適応や更新、統合的な管理コンソールなどをマネージドサービスで提供するサービスです。

Amazon EKS Anywhereは、こうしたAmazon EKSの機能をオンプレミス上で構築できるソフトウェアとして2021年9月にリリースされました。オープンソースとして公開されているほか、AWSからの有償サポートも提供されています。

参考:Amazon EKS Anywhereが正式リリース。オンプレミスにAmazon EKSと同様のKubernetes環境を無料で構築可能

対応OSとして、コンテナ実行に最適化したAWS製のLinux OS「Bottlerocket」もしくはUbuntuが利用可能で、その基盤としてVMware vSphereが要求されていました。その後、ベアメタルサーバでも利用可能になっています

今回の発表は、このAmazon EKS Anywhereの対応OSにRed Hat Linux Enterpriseが追加されたことです。オンプレミスで利用するOSとしてRed Hat Enterprise Linuxもしくはそのクローンを利用している企業は少なくないとみられますので、企業のシステムにおいてAmazon EKS Anywhereを導入できる環境はこれまでよりも大きく広がるのではないでしょうか。

また今回、クラウド基盤ソフトウェアであるApache CloudStackへの対応も合わせて発表されました