ドコモの「消費電力を7割削減」の鍵を握るのはAWSか…

5Gが一般化し、ドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルといった携帯電話事業者(通信キャリア)はより厳しい時代を迎えている。

通信インフラが高度化し、5G網を構築するコストがかさむようになっているにも関わらず、通信費値下げの圧力は強い。結果、コンシューマ向けの事業について、以前ほどは利益が上がりにくくなっている。各社が決算の場で「非通信領域の拡充を」とコメントするようになってきたことには、こうした背景がある。

一方で、インフラの高度化・ビジネス環境の再整備は待ったなしの課題でもある。

そこをビジネスチャンスとして、通信キャリアとの関係を強化しようとしているのが、AWSというわけだ。

AWSのチーフテクノロジストで、エッジコンピューティングと通信関連事業のCTO(最高技術責任者)を務めるイシュワール・パールカー(Ishwar Parulkar)氏に、通信キャリアとのビジネスを聞いた。

NTTドコモが「クラウド化」で電力を7割削減へ

IshwarParulkar

AWSのエッジコンピューティングと通信関連事業のCTO(最高技術責任者)を務めるイシュワール・パールカー(Ishwar Parulkar)氏。

NTTグループは30万人の社員を抱える、日本最大の通信事業グループだ。グループ全体での年間消費電力は2015年時点で87.4億kWhと、1社で東京都全体の消費量の4分の1、日本全体の発電量の1%に達する。(同社2015年度資料より)

傘下のNTTドコモの消費する電力量は、年間約30.4億kWh(2019年)に達しており、NTTグループで最も電気を消費する存在だ。NTTグループの省電力化・CO2排出量削減のカギは、NTTドコモが握っていると言っても過言ではない。

2022年9月、NTTドコモとNECは共同で「5Gネットワークの電力消費量を約7割削減することに成功した」と発表した。これは、ドコモの消費電力削減に大きく寄与する。

ただ、ドコモの電力削減はまだ「現実のもの」にはなっていない。この発表は正確には「新しいネットワークの導入によって電力消費量を約7割削減できる、という実証実験に成功した」ものだからだ。

もちろん実証実験とはいえ、その価値は大きい。AWSのパールカー氏は、「この実証実験はAWSにとっても極めて大きな意味がある」と説明する。消費電力を削減するためのインフラを構築する仕組みには、AWSのクラウド(計算資源)が投入されたからだ。

後述する理由から、筆者はNTTドコモは今後、消費電力削減の目的から、5Gネットワーク内にAWSを採用していく可能性が高いと見ている。

鍵を握る「クラウド化」と「Graviton」

ドコモの全社を挙げた電力削減のポイントは、主に2つある。

1つ目は、従来のシステムでは全てがNTTドコモ内に置かれていた設備を、一部AWSのクラウド上で動かすことに成功したこと。そして2つ目が、AWS側で「Graviton」というエネルギー効率のいいプロセッサーを使ったことだ。

NTT-NEC

NTTドコモとNECの実験のイメージ図。一部インフラをAWSのクラウドに移植することで消費電力を大幅に削減した。

GravitonシリーズはAWSが独自開発したARMアーキテクチャベースのクラウド用プロセッサーで、初代は2018年に登場した。その後、2019年に「Graviton 2」、2021年に「Graviton 3」が発表された。先週、ラスベガスで開催されたAWSの年次イベント「re:invent 2022」では、その高性能版である「Graviton 3E」が発表されている。

Graviton01

従来のGraviton3では、1ワットあたりの性能がインテル系の命令を使う半導体に比べて60%高いと説明している。

出典:AWS「re:invent 2022」の基調講演より

Graviton02

「re:invent 2022」ではさらにパワフルな「Graviton 3E」が発表された。

NTTドコモとNECによる実験では、1つ前の世代にあたるGraviton 2が使われている。

既存のシステムをAWSのGraviton 2ベースのクラウド上で動かした。これによって、エネルギー消費効率を高め、「電力消費量7割削減」という結果を実現した。

「一般論で言えば、システムをAWSのようなクラウドに移管することで、消費電力は7割から8割改善します」とパールカー氏は話す。

AWS

AWSは2025年までに再生可能エネルギー利用率を100%に移行すると公表している。

クラウド移行することは、消費電力だけではなく、脱炭素の意味でも効果が大きい、というのがAWSの立場だ。

AWS自体が「2025年までに自社が運営するクラウドインフラで利用する電力を100%再生可能エネルギーとする」と発表しているため、AWSへの移行はCO2削減にインパクトがあるとする。