macOSとVS CodeでBlazor WebAssemblyの開発環境をセットアップ

セットアップ

.NET

Homebrewにdotnetというパッケージがあるのですが、私の環境では動作させることができませんでした。dotnetではなくdotnet-sdkを使うことにしました。

Homebrewでdotnet-sdkをインストールします。

% brew install --cask dotnet-sdk

dotnet-sdk

https://formulae.brew.sh

Microsoft.NET.Runtime.WebAssembly.Templatesをインストールします。

% dotnet new install Microsoft.NET.Runtime.WebAssembly.Templates

AOTコンパイルする場合はwasm-toolsもインストールします。

% sudo dotnet workload install wasm-tools

VS Code

VS CodeでC#の拡張機能をインストールします。

C# – Visual Studio Marketplace

https://marketplace.visualstudio.com

ソースコードのフォーマットを有効にしている場合は、言語別の設定でC#のDefault FormatterC# ms-dotnettools.csharpに設定します。

アプリの作成と実行

Blazor WebAssemblyのアプリを作成します。

% dotnet new blazorwasm -o Sample1

作成したアプリのフォルダーに移動して、サーバーを起動します。

% cd Sample1
% dotnet run

公開ファイルを作成するためには以下のコマンドを実行します。

% dotnet publish -c Release

bin/Release/net7.0/publish/に公開ファイルが作成されます。

NuGetパッケージの管理

Homebrewにnugetがあるのですが、今回は必要なかったです。dotnetコマンドでパッケージを管理します。

dotnet CLI を使用して NuGet パッケージをインストールし、管理する

https://learn.microsoft.com

パッケージの一覧表示

% dotnet list package

パッケージの追加・更新

% dotnet add package <PACKAGE_NAME>

パッケージの削除

% dotnet remove package <PACKAGE_NAME>

おわりに

macOSでBlazor WebAssemblyの開発環境をセットアップしました。私はこれまで.NETの開発はWindowsでVisual Studioを使っていて、コマンドの使い方はほとんど知らなかったので、macOSでの環境構築は意外と時間がかかってしまいました。まだ基本的な使い方しかできていませんが、とりあえずこれでmacOSでの開発が進められそうです。

Homebrewでdotnet-sdkをインストールしてしまうと、.NETのプレビューリリースを試すことができないかもしれません。その場合は以下のWebサイトから.NETのインストーラーをダウンロードしてインストールすることになりそうです。

.NET ダウンロード (Linux、macOS、Windows)

https://dotnet.microsoft.com

参考

Visual Studio Code で始める ASP.NET Core Blazor WebAssembly (Linux, macOS…

https://blogs.jp.infragistics.com